キャンディーズ「やさしい悪魔」の正体は吉田拓郎だった!

スタッフの水野です。

今回はキャンディーズのことについて書こうと思います。

キャンディーズ(Candies)は、
1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。
所属事務所は渡辺プロダクション。
多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫(元・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものであった。

メンバーは
伊藤蘭(愛称ラン、1955年(昭和30年)1月13日 – )
田中好子(愛称スー、1956年(昭和31年)4月8日 – 2011年(平成23年)4月21日)
藤村美樹(愛称ミキ、1956年(昭和31年)1月15日 – )
である。

(wikipediaより)

前回の記事にも書いたとおり、僕は平成生まれで、
当然彼女らが活躍した時代のことは知りません。

しかし、いくら平成生まれといえどもキャンディーズの存在自体は知っていました。
調べたところ三人とも東京音楽学院のタレント育成学校であるスクールメイツ出身で、
元々は『8時だョ!全員集合』や『歌謡グランドショー』といった番組でのアシスタントをしていたらしく、歌手デビューの予定はなかったそうです。
ある日、たまたま東京音楽学院を訪れた松崎澄夫が、
教室に入ってきたキャンディーズの3人を見て「かわいい子がいるなあ」と目を留め、
キャンディーズがレコードデビューをしていないということを知ると、
そのまま三人は歌手デビューすることになったそうです。

彼女らの曲の中で一番好きなのが『やさしい悪魔』です。
それまで清楚で可愛らしい彼女らのイメージを一新し、
大人でセクシーなイメージの曲です。

当時のアイドルの曲としては珍しくないのかも知れませんが、
ブギ風の演奏で曲全体の雰囲気が渋い。
何を隠そう作曲が吉田拓郎。
お世辞にも明るいとは言えない曲なのですが、
そこに爽やかなランちゃんのボーカルが抜ける対比が素晴らしいです。

この曲はボーカルの音域が広い曲で、
歌のうまいキャンディーズもレコーディングに苦戦したそうです。
これはキャンディーズファンだった作曲者の吉田拓郎が、
レコーディングでキャンディーズに歌唱指導をしたいがために、わざと難しくしたと噂があったそうです。

確かにこの曲、Aメロは彼女らの中でもかなり低い方のキーのように聞こえますが、
Bメロの「レースのカーテンに、あの人の影が」は一気にかなり高いキーで、
「映ったら」でまたスグに低いキーになります。
曲全体で、キーの高さを波線グラフで表したらおそらくかなり大きな高低差になることでしょう。

また、アイドルらしからぬ振り付けも面白いです。
志村けんのブレイクのきっかけにもなった東村山音頭でこの踊りが真似されており、
そっちのインパクトが強烈過ぎて、ギャグに見えてしまいますが、
一応、悪魔の角をイメージしていて、女の子三人が腰をくねらせ、ガニマタになるそのダンスは、妙にセクシーに見えます。

彼女らは一般的に、清楚で可憐な少女三人組といったイメージでしょうが、
こういう『やさしい悪魔』のような曲にそのイメージをそのまま持ち込み、
それもカウンターとして成立させてしまう、幅の広さが魅力なのかもしれません。
それもただ単に可愛いだけの女の子なのではなく、
抜群の歌唱力と、それぞれがそれぞれの個性を持っているからなのでしょう。

無料査定・お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ