昭和アイドル専門宅配買取星瞬堂をよろしくお願いします!

はじめまして。
星瞬堂の店主橋本です。

思えば私が最初にアイドルにときめいたのは小学5年生の時。
友だちとアイドル話で盛り上がり、お小遣いで、明星、平凡をそれぞれ買い、気に入った付録を交換しあったことを覚えています。
昭和39年生まれなので、小学校5年生ならば昭和51年、52年。
山口百恵、桜田淳子、森昌子の三人娘が活躍。フィンガー5,岡田奈々、林寛子、太田裕美など少し違う路線のアイドルも出てきた頃ですね。
私が好きだったのは岐阜県出身の岡田奈々。
清楚な顔つきがとてもタイプで・・・と、子供なのでそこまではよくわからず、なんとなく優しくてキレイなお姉さんに憧れたのでしょう。
岡田奈々の「青春の坂道」は名曲で、大好きな曲でした。

寂しくなると訪ねる 坂道の古本屋
立ち読みをする君に会える気がして

青春は長い坂を登るようです
だれでも一度くらい 息切らし 一人立ち止まる

あっ、古本屋が登場しますね。
なんとなくこの曲から古本屋さんに憧れていた自分がいて、現在に至ったのかもしれません。

山口百恵、桜田淳子が当時すごく人気がありましたが、みんなが好きというだけで好きになれないというひねくれものでしたので、興味はあったものの、いけなかった記憶があります。

その友だちとのアイドル好き活動は続き、名古屋の松坂屋でカトレアミュージックというCBCラジオの生放送の収録があり、アイドルがゲストで来るという情報を聞いては、行って見ていました。
その時、握手してもらったのが「お元気ですか」でデビューした清水由貴子です。その優しい笑顔にすぐに好きになりました。
その頃は毎月好きな人が変わるという感じでしたが、今考えるとタイプはみんな似ている気がします。
キャンディーズ、ピンクレディーがしばらくして大人気となってきましたが、私は目もくれず、みんなが興味を持たない人ばかりを好きになっていたようです。
少し歪んだ少年時代だったかもしれません。

しかし、その頃のときめきや知識が現在の仕事に生きているというから、人生は楽しいですね。
アイドル掲載の雑誌や写真集、ポスター、カレンダーを販売しだして14年にもなります。
思い出深い商品の話はまた別の機会にさせてもらうこととして、念願だった昭和アイドル専門の買取サイト星瞬堂を立ち上げることができ、今は泣く泣くグッズ、本を手放すという方と、昔からさがしていたんだという方を橋渡しできる仕事にやりがいを感じています。

昭和アイドル専門買取の星瞬堂をよろしくお願いします。

過去のデータから雑誌などの画像も多数所有していますので、随時紹介していきます。
お楽しみに。
オリコン松田聖子

無料査定・お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ