GOROでアイドルの歴史を振返る3 70年代のスレンダーアイドル

2回に渡り、小学館発行のGORO、主に表紙、グラビアを振返ってきましたが、その第三回目です。

小学館GORO高価買取中。GOROの歴史を振返る2 1976年-1977年

小学館GOROの歴史を振返る1 1974年創刊から篠山紀信の表紙になるまで

前回1970年代のグラビアを飾ったアイドルたちは山口百恵、水沢アキ、関根恵子、秋本圭子など、ちょっとぽちょぽちゃした感じの肉感的な方が人気だったと書きました。
しかし、どの時代にでも、少数派はいるもので、1970年代にもスレンダーで人気だったアイドルも存在しました。
その代表とも言えるのが木之内みどりでしょう。
1974年5月デビュー。
1974年創刊のGOROの同級生ですね。
スレンダー = 都会的というイメージがするのか、「横浜いれぶん」という横浜での夜11時の心情を描いたヒット曲があります。
木之内みどり自身は北海道小樽の出身です。

GORO 木之内みどりグラビア

他にこの時代のスレンダーアイドルといって思い出すのは岡田奈々でしょうか。
桜田淳子もスレンダーですが、どちらかというとまだカラダができきってない少女の「華奢」さの魅力のような気もします。
GORO 桜田淳子

松本ちえこ、大場久美子、香坂みゆきもスレンダーですが、細いというよりも桜田淳子同様の大人の贅肉がついてない華奢さのような気がします。
GORO 香坂みゆき

GORO 大場久美子

1970年代後半になると桂木文が登場します。
1980年のドラマ「跳んだカップル」で主役に抜擢。人気となりました。
今、調べてはじめて知ったのですが、彼女はインド人のクォーターなんですね。そう言われたら顔つきが日本人離れしています。

GORO 桂木文

昭和アイドル買取の専門店星瞬堂(せいしゅんどう)を立ち上げ、昭和アイドルに関するモノをたくさん扱い出して改めて思うのは、昔を振返る懐かしみ恋しくなるのは、スレンダーなアイドルよりも、肉感的なアイドルの方が多いなぁということです。

関根恵子、麻田奈美、山口百恵、アグネスラム、水沢アキなど今でも人気がある1970年代のグラビアを彩ったアイドルたちは今考えるとどちらかというとポチャッとしていますね。

私自身も1970年代当時はスレンダーなキレイな可愛い顔をしたアイドルが好きでしたが、年齢を重ねるとともに、当時は何も思わなかったというのに恋しく懐かしく思えるのは少し太めの関根恵子などのボディです。
随分勝手なものですね。

グラビアの紙面いっぱいがカラダというこんな写真にグッと来たりします。
GORO 浅野ゆう子

しかし、もっと更に年を重ねるとまたスレンダーなアイドルたちのことを強く思いはじめたりするのかもしれません。

続きはこちら
GOROでアイドルの歴史を振返る4

さて、話はまた長くなりましたが、
昭和アイドルグッズ宅配買取専門の星瞬堂(せいしゅんどう)では、皆さまの昭和アイドルのコレクションを買取させて頂いています。
次に欲しい方への橋渡しをさせて頂きますので、どうぞ処分などなさる前に、お問合せくださいませ。

無料査定・お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ