河合奈保子の水着が楽しめる!1983年の週刊プレイボーイ高価買取中

1966年集英社から創刊の週刊プレイボーイの表紙とグラビアから、昭和アイドルの歴史を振返っています。

私達ボーイズの欲望を毎週掻き立ててくれた週刊プレイボーイのグラビアですが、1982年になり、1970年代のアイドルが次々とヌードを披露。
その勢いは1983年に益々加速します。

6号ではスターボーが水着を披露

1983年6号のグラビアでは驚きました。

遠い惑星「スターボー」から脱出してやってきた性別不明の宇宙人スターボーが、普通の人間の女の子になって、水着姿でグラビアに登場したのです。
こういったコンセプトで上手くいったのはデーモン小暮と叶姉妹ぐらいでしょうか。
小倉優子のこりん星はむしろギャグでしたよね。

スターボー 週刊プレイボーイ1983年

1982年のデビュー曲「ハートブレイク太陽族」。
我が星「スターボー」の使命を受けてやってきてました。
確かにインパクトはありましたね。

方向転換してからのスターボー。
かわいいアイドルグループです。

河合奈保子のビキニはここまで 1983年

その魅力的なボディで私達ボーイズを楽しませてくれた河合奈保子でしたが、デビューして3年。
紅白歌合戦の常連ともなった河合奈保子は1983年のグラビアでビキニを披露してからは水着姿はあってもビキニはなしとなってしまいました。
星瞬堂が持っている画像では、この22号が最後のビキニ姿です。

河合奈保子 週刊プレイボーイ1983年

河合奈保子 週刊プレイボーイ1983年

こちらは25号の綴込みピンナップ。
これでも十分いいですが、やはり河合奈保子はビキニですね。

河合奈保子 週刊プレイボーイ1983年

1970年代アイドルがヌード 岡崎友紀

1970年代初頭、「おくさまは18才」「なんてったって18才」など、コミカルなドラマで人気を得た岡崎友紀。
1970年代中盤はアイドルのお姉さん的な存在で、司会をよくしていましたね。

1983年32号で、セミヌードを披露しています。

岡崎友紀 週刊プレイボーイ1983年

五十嵐夕紀がヌード、麻丘めぐみがギリギリセクシー 岡崎聡子もヌード

48号では五十嵐夕紀がヌードを披露。
1977年のデビュー曲が松任谷由実作詞の「6年たったら」。
まさに6年たった1983年の週刊プレイボーイでヌードになりました。

五十嵐夕紀 週刊プレイボーイ1983年

この号では1970年代を代表するアイドル麻丘めぐみもセクシーカットを披露しています。

麻丘めぐみ 週刊プレイボーイ1983年

38号ではモントリオールオリンピックの体操代表選手、岡崎聡子がヌードを披露しています。

岡崎聡子 週刊プレイボーイ1983年

次の記事はこちらです。
週刊プレイボーイで昭和アイドルを振り返る

星瞬堂が送る「週刊プレイボーイで昭和アイドルを振返る」記事一覧

星瞬堂から大切なお願いです!

星瞬堂(せいしゅんどう)では、昭和アイドルに関するコレクションを買取しています。
青春時代を彩り、ときめかせたコレクションの数々をどうぞ買取させてください。

写真集、雑誌、ポスター、カレンダー、パンフレット、グッズなどなど。

次に欲しい方の橋渡しをさせて頂きます。
よろしくお願いします。

お問い合わせは下のバナーをクリックしてくださいね。

無料査定・お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ